体脂肪燃焼について理解する

体脂肪燃焼についての理解を深めるために、糖、脂質の代謝およびケトン体の役割についてまとめておきます。

糖はピルビン酸を経てオキサロ酢酸になりTCAサイクルに入りエネルギー源として利用されます。オキサロ酸は、脂質から生成するアセチルCoAとも反応しTCAサイクルが進みます。しかし糖が枯渇した時はオキサロ酢酸が欠乏してTCAサイクルが回らなくなります。これがハンガーノックの状態に相当します。

肝臓は余分のアセチルCoAからケトン体を生成することができます。生成したケトン体は血流に乗って筋肉や脳などに運ばれアセチルCoA変換されます。脂質から生成するアセチルCoAとともにTCAサイクルに入りエネルギーを産生することができます。

両者ともにTCAサイクルからエネルギーを産生しますが、TCAサイクルを回す主な推進力が、糖から生成するオキサロ酢酸であるのか、脂質あるいはケトン体から生成するアセチルCoAであるのか、これが両者の違いと考えると分かりやすいと思います。

ケトン体ダイエットとは、TCAサイクルを回す推進力としてアセチルCoAを使えるようにする体質改善です。体質が改善すると、糖が枯渇していなくても、脂質あるいはケトン体から生成したアセチルCoAでTCAサイクルを回せるようになります。これがすなわちハンガーノックになりにくい状態といえます。

イトーヨーカドーのネットスーパー