晩酌前にウコン

晩酌する方、飲むからにはうまく身体から消失させる方法も知っておこう。アルコールは肝臓で代謝され、アセトアルデヒド、酢酸、二酸化炭素+水へと分解される。アルコールはそのままの形で一部は尿、汗、呼気から排泄される。飲酒運転で呼気検査でアルコール濃度を測定しているのはこれを利用している。肝臓で代謝されてアセトアルデヒド、酢酸になると大部分は尿から排泄されるが、一部は汗、呼気から排泄される。従って、サウナとかランニングで汗をかくことは一定の効果が期待できる。しかし、脱水するとアルコールが分解されづらくなるので、とにかく水分を十分に取ることを忘れないようにしたい。また飲酒前にはウコンの摂取が良い。ウコンに含まれるクルクミンは抗酸化作用、胆汁分泌促進作用があり、飲酒前に摂取すると 肝臓を保護すると共にアセトアルデヒドの代謝を促進すると言われている。アセトアルデヒドの代謝にはビタミンB1を消費するので、これの補給も必要である。

2017年11月27日 晩酌前にウコン はコメントを受け付けていません。 ウコン