焼き鳥の皮焼きでコラーゲン補充

焼き鳥の中でも皮焼きは好物のひとつである。ただ、もも肉、むね肉を調理する時、皮には脂質が多く含まれていることからダイエット中の人は当然のように外したりする。しかしそれでいいのでしょうか。知れば知るほどに捨て難い食材と思う。脂質の量は全体の約半分であり確かに多い。脂質の種類は一価不飽和脂肪酸が豊富。動脈硬化の原因となる悪玉コレステロール(LDLコレステロール)を減らし、善玉コレステロール(HDLコレステロール)は減らさないという性質がある。また、コラーゲンを多く含む。コラーゲンは膝周りの腱や軟骨の成分であり出来るだけ摂取したいもの。ただし、加熱して水分と脂肪分が出て行く時、大切なコラーゲンが一緒に流出してしまうので、流出した汁は摂るようにしょう。ビタミンKとナイアシンの含有量が特に高い。ビタミンKは血液凝固と骨形成に重要でコラーゲンとカルシウムを結び付ける働きをするという。皮はこのコラーゲンと併せて摂れるので好都合だ。ナイアシンにはアルコール分解作用や動脈硬化予防効果がある。ビールに皮焼きの相性がいいと感じるのはこのためか。ダイエットを炭水化物制限でやっている間は、鶏肉の皮を一定量食べるのはありと思う。どうしても気になる人は、皮付きで調理してコラーゲンは流出させておき、食べるときに皮を外すとか、脂質の吸収を抑えるデキストリンも摂るとかの対策が考えらえる。

もちもちすっぽんコラーゲン
森永のおいしいコラーゲンドリンク

2017年11月22日 焼き鳥の皮焼きでコラーゲン補充 はコメントを受け付けていません。 コラーゲン