ミトコンドリアを増やすタウリン

ヨーグルトなどに含まれる乳酸菌は腸内で乳酸を発生させる。腸内の乳酸は吸収効率が悪くミトコンドリアには届かない。しかし食品中にミトコンドリアを増やす物質がある。特に注目すべきは以前も紹介したタウリンである。イカ、タコ、ハマグリ、牡蠣に多く含まれている。ミトコンドリア病というミトコンドリアの機能が低下しさまざまな障害を引き起こす難病があるが、これをタウリンの大量投与で治療しようという試みもあるくらいだ。イカ、タコ、ハマグリ、牡蠣を毎日摂るのは難しいかもしれない。栄養ドリンクにもよく含まれているので、これも利用しつつ積極的に摂っていきたいものだ。摂るだけで持久力がつく。

2017年11月22日 ミトコンドリアを増やすタウリン はコメントを受け付けていません。 タウリン